文字サイズ

武豊ゴールドアリュール急死に絶句 産駒コパノリッキーでの弔いVに闘志

 03年のフェブラリーSなど現役時代にG1・4勝を挙げ、引退後は北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬としてけい養されていたゴールドアリュールが18日、心臓疾患により死んだ。18歳だった。

 快進撃が始まった02年の3歳春にダート転向後、主戦を務めた武豊騎手は突然の訃報に「え?」としばらく絶句。「ビックリだし、それは残念ですね。弔いになれば。勝ちたいですね」と、ゴールドアリュール産駒のコパノリッキーで挑む、あすのフェブラリーSに闘志を燃やしていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

競馬・レース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(競馬・レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス