文字サイズ

五輪組織委、小山田圭吾の留任を改めて明言 「現在は高い倫理観」と強調

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソン(SP)が19日、都内で会見を行い、五輪開会式の作曲担当を務めるミュージシャンの小山田圭吾にの起用について、変更する考えがないことを明言した。

 小山田は1994年1月発行の「ロッキング・オン・ジャパン」と95年8月発行の「クイック・ジャパン」で、障がい者だという同級生に体育倉庫で暴力を振るうなどしたことや、中学時代には朝鮮学校から転校していた同級生にも「一緒に遊んでいた」としながらいじめ行為をしていたことなどを告白していた。今月14日、小山田が開会式の作曲担当に就任したことが発表されると、こうした「いじめ自慢」とも取れる過去の告白が波紋を呼んでいた。

 高谷SPは「現在は高い倫理観を持って創作されているクリエイターの1人」とし、いじめ問題が過去のことであることを強調。「大きな貢献をしていただいている。組織委としては引き続き、最後まで準備を尽くしてほしいと考えている」と、留任の方針に変更はないことを改めて明言した。

 また同日、加藤官房長官が定例会見で「大会組織委員会が適切に対応してほしい」と発言したことについては「承知していない」と話すにとどめた。小山田自身は16日に自身のツイッターに謝罪文を掲載。組織委の武藤敏郎事務総長は17日の会見で「十分謝罪し反省している。倫理観をもって仕事をしていく、と話している。このタイミングでもあるので、引き続き大会を支えていって、貢献してもらいたい」と擁護し、続投方針を明らかにしていた。

(よろず~ニュース編集部)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サブカル系最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス