文字サイズ

イーグルスのグレン・フライさん死去

 演奏するイーグルス。右から2人目がフライさん=2011年3月5日
 東京ドーム公演で熱唱するイーグルスのグレン・フライさん=2011年3月5日
2枚2枚

 米国の理想の喪失をテーマにした世界的な大ヒット曲「ホテル・カリフォルニア」などで知られる米ロックグループ、イーグルスのグレン・フライさんが18日、ニューヨークで死去した。67歳だった。肺炎や急性潰瘍性大腸炎などの合併症を患っていたという。イーグルスの公式ウェブサイトで発表された。

 1948年、米デトロイト生まれ。歌手リンダ・ロンシュタット(69)のバックバンド仲間だったドン・ヘンリー(68)らと、イーグルスをカリフォルニア州で結成した。

 72年、デビュー曲「テイク・イット・イージー」がヒット。「ならず者」などの名曲を生み、76年のアルバム「ホテル・カリフォルニア」は時代を超えて世界のロック史に残る金字塔的な名作の1枚となり、商業的にも1000万枚以上を売り上げてシングル、アルバムとも全米1位の大ヒットを連打。米国を代表するスーパー・グループに成長した。

 フライさんはヘンリーと並ぶバンドのリーダー格で、ボーカル、ギター、キーボードを担当。コンビで代表曲の大半を手掛けた。一方で「ホテル-」を共作した元メンバー、ドン・フェルダー(68)の自伝でヘンリーとの専横ぶりを痛烈批判されたこともあった。

 イーグルスは80年に活動停止し、82年5月に解散。94年に再結成し、現在も存続。98年に「ロックの殿堂」入り。76~2011年に5度の日本ツアーを行い、東名阪のドームや甲子園球場でも日本のファンを喜ばせた。

 フライさんはソロでも85年に映画「ビバリーヒルズ・コップ」の挿入歌「ヒート・イズ・オン」、ドラマ「マイアミ・バイス」の挿入歌「ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ」を連続ヒットさせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    おくやみバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス