文字サイズ

【元タカラジェンヌYouTuber彩羽真矢】ひたすらに体育会系だった音楽学校

 今回は「宝塚音楽学校」についてです。私が宝塚歌劇団出身と知った瞬間、質問されるランキング第1位が「厳しいんでしょ?」です。このイメージは、おそらく宝塚音楽学校にあるのではないでしょうか。

 私も「厳しい?」と聞かれたら、包み隠さず「はい」と答えます。ただそれはいわゆるドロドロした「女の園」のようなものではなく、ひたすらに体育会系!!!上級生が言う事は絶対であり、先生や先輩へのご挨拶はいつでもきっちり。有名な「阪急電車におじぎ」も、どの車両に上級生が乗っていてもご挨拶を怠らないようにという理由です。

 一糸乱れず足並みを揃えて登下校、毎朝時間をかけて隅々までチリ一つなくどこでも寝そべられるほどピカピカにお掃除します。側から見ればまるで軍隊のような生活ですが、これも宝塚の舞台に立ってみると必要な事だったのがわかります。

 宝塚歌劇団員としてふさわしい技術を身につけるため、バレエ、モダンダンス、タップダンスに日本舞踊、声楽、ポピュラーソング、演劇、音楽史に楽器に狂言、茶道まで、宝塚音楽学校では毎日何時限もの授業を受け、上級生からはマナーや精神を学び鍛えぬかれます。

 そのすべてがあのピッタリと揃った群舞やラインダンス、見事なコーラス、どこを切り取ってもサマになるポージングや鳥肌が立つほどの空気感…大所帯の劇団員達が一つの作品を作るために必要な事なのです。技術だけではなく先生や上級生の指示をしっかりと受け取って、周りに合わせる事ができるのは、音楽学校伝統の厳しい指導があるからだと思います。

 いまだに同期生に会って最も盛り上がる話は、音楽学校時代の思い出。苦楽を共にしたとても濃い2年間でした。なかなか味わえない素晴らしい経験を、若い頃にさせてもらえたと思います。音楽学校時代に戻りたいかと聞かれたら…3日間くらいなら、頑張れる…かな?(笑)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能人コラム最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス