文字サイズ

カニエ・ウェスト、大手レコード会社は「現代の奴隷船」と批判

 ラッパーのカニエ・ウェストがユニバーサルとソニーを批判している。ソーシャルメディアへの投稿でカニエは両社を「現代の奴隷船」と呼び、自身が『旧約聖書』で民を助けた人物として登場するモーセの生まれ変わりだと宣言している。

 ツイッターにはこう書かれている。

 「みんなのユニバーサルとソニーとの契約内容を見ないと。俺の民が奴隷のように働かされているのを見ていられない」

 「俺の民のためなら、自分の命を危険にだってさらす。音楽界とNBAは現代の奴隷船だ。俺は新生モーセなんだ」

 キリスト教の熱心な信者であることで知られるカニエは、さらに続けた。

 「俺は産業なんて気にしない。俺はキリストに仕えているだけ。世界を癒す必要がある」

 「黒人同士の間での争いはやめだ」

 「尊敬しあう必要がある。自分が所有しているわけでもないレーベル間でのディスり合いはやめよう」

 「互いを殺し合うことはやめ、俺たちが神の民であることを神に見せよう。俺のエゴは俺の最高の面を引き出す。神は向こうの世界で金で人を見定めたりしない」

 「愛し合おう。俺はブラザーや友人たちが恋しい。本気の語り合いが」と続けている。

 「富」についての別のツイートは削除したと明かしながらも、さらには人々に立ち上がり、意思疎通を図ることを説く投稿を続けた。(BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    海外スターバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス