文字サイズ

人気歌手の兄、11歳少女への性虐待で刑務所入り 「俺の人形」と半年に渡り性的暴行

 ラッパーでシンガーソングライターのニッキー・ミナージュ(37)の兄に、懲役25年の判決が下った。ジェラニ・マラージ(40)は13歳以下の児童に性虐待を犯し、児童の身の安全に危険を及ぼした罪での有罪が決まったかたちだ。

 ニューヨークはロングアイランドの州最高裁判所で27日、裁判官のロバート・マクドナルドが懲役期間を決定、ジェラニは最低25年間罪の償いをすることとなる。

 そんなジェラニは2015年12月に今回の容疑で逮捕され、2年前に児童へのレイプで有罪判決を受けたが、過去の申し立ては妹のニッキーから2500万ドル(約27億円)をゆすり取るのが目的のでっち上げだったと反論、刑の実行は判決後の異議申し立てにより遅れていたとされている。

 一方原告側はジェラーニが当時11歳だった少女を虐待し始め、2015年の4月から11月の間、少女の母親の外出中繰り返しレイプしたとしている。また少女本人はジェラーニから「俺の人形」と呼ばれていたと告白、命令に従わないと暴力をふるうと脅され有無を言わせない状況だったと訴えていた。

 今のところ妹ニッキーからのコメントは発表されていない。(BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    海外スターバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス