文字サイズ

世紀のイケメン俳優 5人の子供の養育費支払いのため気の進まない仕事も…

 ジュード・ロウ(47)は空腹でいるのを好んでいるそうだ。断続的な断食を実行しているジュードは、正午から午後8時までの間のみ食べ物を口にするそうだが、その制約を楽しむと同時に時にはごちそうも楽しむようだ。

 テレビドラマ『ヤング・ポープ 美しき異端児』でも人気のジュードは、ヴァルチャー誌にこう話している。「自分の食べ物を制限するのは大好きなんだ。空腹状態になって、水だけ飲んだり、豆や野菜だけ食べたりっていうことがね。でも、ごちそうも大好きだよ。違ったタイプの食べ物やワインを試してみるんだ。だって僕らの人生は一度きりだろ?」

 また、最初の妻サディ・フロストとの間に3人、サマンサ・バークとの間に1人、キャサリン・ハーディングとの間に1人と合計5人の子供の父親であるジュードは、お金のためだけにオファーを受けることはあまりないとしながらも、これまでに気の進まない仕事を受けたこともあると明かしている。

 「お金のために仕事をたくさん受けてるなんてことは言わないけど、これまでには、収入が必要だってことで引き受けた仕事もいくつかあるよ。自分のしている仕事が、子供の食卓にパンとバターを並べられることであるならば、やるしかないよね」

 「僕は援助する必要のある大きな責任を負っているからね。現実に目を向けないといけない。僕は常に適切さ、誠実さ、そしてアーティストとしての自己との闘いの中にいるんだ」 (BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      海外スターバックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス