文字サイズ

たけしの“娘”が女子アナデビュー

 関西テレビの新人アナウンサー、竹崎由佳=たけざき・ゆか=アナ(22)が20日、情報番組「よ~いドン!」(月~金曜、前9・50)で同期の竹上萌奈=たけがみ・もえな=アナ(22)と共にデビューした。竹崎アナは小6まで子役として活動し、映画「血と骨」(2004年)で主演のたけしの娘を演じている。

 「血と骨」の撮影は約1カ月行われ、竹崎アナはたけしについて「暴力的な父親という役柄もあって、近寄りがたい印象でした」と回想。「お笑い界のたけしさんともいつか共演していきたい」と、バラエティーでの“再会”を夢に描いた。

 竹崎アナは大阪府出身で青山学院大文学部仏文学科卒。女優を夢見て3歳から子役をしていたが05年、中1の時に受けたホリプロタレントスカウトキャラバンで大阪代表どまりと挫折、アナ志望に切り替えたという。

 目標はテレビ東京・大江麻理子アナ(36)。「いつも自然体で。大阪出身なので大阪のお笑い文化を全国、世界に発信したい」と抱負を述べていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

女子アナ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス