文字サイズ

SKE第一党へ!“最多議席”26人

 「第7回AKB総選挙」(6日、福岡・ヤフオク!ドーム)

 48グループ内では「次女」と言うべき存在のSKE48が、7回目の総選挙でついに下克上を果たした。ランクインの80人中、実に26人を占める大躍進。23人ランクインのAKB48を抑え、堂々の“第一党”に輝いた。

 SKEにはメンバー全員を応援する、通称“箱推し”が多く、投票ものへの強さには定評があった。今年も2トップの一角・松井玲奈が不出馬ながら、5月20日に発表された速報では、選抜にあたる16位までに5人がランクインし、他グループをリードしていた。

 その勢いは、最終結果でも衰えを見せず。選抜には5位の松井珠理奈をはじめ、13位に松村香織、14位に高柳明音、15位に柴田阿弥と4人が入り、その他の各「ガールズ」にも満遍なくメンバーが入った。

 それでも、松井珠理奈は昨年から順位を1つ下げただけに、名前を呼ばれた瞬間に表情をゆがめ、無念の涙。「正直言うと、すごく悔しいです。今、私はすごく燃えています。こんなにも熱くなれることがある、このグループにいられることが幸せです」とさらなる飛躍へ闘志をにじませていた。

 グループとしては驚異的な下克上を達成しながら、1人1人のどん欲さは変わらない。総選挙でのSKEの強さは、来年以降も続きそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス