文字サイズ

水ダウ、炎上陰口企画 番組ツイには賛否両論リプ 仲直り企画求める声も

 29日にTBS系で放送された「水曜日のダウンタウン」の企画に賛否両論が渦巻いている。

 この日は後半で「陰口引き出し王決定戦」が放送され、先輩芸人が理不尽説教をした後に退席。その後、後輩芸人がどれだけ悪口を言うかを競うもの。カンニング竹山、インパルス堤下、2丁拳銃小堀、永野が仕掛け人となった。

 先輩芸人は席を外した後、後輩たちの様子をモニターで見ているが、自分の悪口を言っているのを聞く表情はあまりに複雑。またドッキリだと分かり、先輩が自分の悪口を言っているのを知ってしまった後輩の落ち込みぶりも相当なものだった。

 VTRが終わった後の松本人志も「仕掛け人やから、罵詈雑言を言って帰るから、普段よりかかっちゃうってことなんで…」と言い「なんで俺が必死のフォローを」と言うほど際どい企画。プレゼンターのマヂカルラブリー野田クリスタルも「第2弾はやめましょう」というと、松本は「第1弾をやめなアカン」と笑わせていた。

 陰口があまりにもリアル過ぎたことから、この企画を告知した番組公式ツイッターには賛否両論のリプが。「ダウンタウンさんは面白くて好きだし水曜日のダウンタウンは他に無い企画が楽しいのは重々分かりますが、このような企画はやめた方が良いのではないでしょうか?」「小さな子供達も沢山観ていると思います」「改めて人の陰口を聞くのは気分が悪くなりました」「水ダウで過去イチ残酷に思えました」という批判の声がある一方「俺は面白かったのでまだやって欲しいです!!!」「めちゃくちゃ面白かった!笑第2弾楽しみにしてます!」の声も。

 また「仲直り企画第2弾期待してます!」と、フォロー企画を期待する声も上がっていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス