文字サイズ

ひろゆき氏、尼崎のUSB紛失問題 専門家より「やる気ある無能を排除」

 実業家のひろゆきこと、西村博之氏が24日、ツイッターを更新。尼崎市の委託業者が市民情報の入ったUSBを紛失した問題で、市が会見でパスワードの桁数を明かしていたことに「パスワードの桁数が確定すると、パスワードが絞り込みやすくなるのは、中学生でも考えたら分かる事だと思う」と呆れた。

 ひろゆき氏は、尼崎市が会見で、紛失したUSBのパスワードについて桁数を明かしていたという記事を添付し「政府はサイバーセキュリティの専門家を探すよりも最低限の知識すらない『やる気のある無能』を排除する仕組みを考えたほうがいいと思う」とバッサリ。

 そして「パスワードの桁数が確定すると、パスワードが絞り込みやすくなるのは、中学生でも考えたら分かる事だと思う。。」と、呆れたようにつぶやいている。

 尼崎市は委託業者がUSBを持ったまま、飲食店で泥酔。USBが入った鞄を紛失したことを公表し謝罪。USBには約46万人の個人情報が入っていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス