文字サイズ

松坂桃李 漫画家の夢を捨てた姉の一言「絶望的にへたくそだね」

 舞台あいさつに出席した(左から)横浜流星、広瀬すず、松坂桃李、多部未華子(撮影・棚橋慶太)
 トークで盛り上がる(左から)横浜流星、広瀬すず、松坂桃李=東京・TOHOシネマズ六本木(撮影・棚橋慶太)
2枚

 俳優の松坂桃李(33)と女優の広瀬すず(23)が24日、東京都内で行われたダブル主演映画「流浪の月」の大ヒット御礼舞台あいさつに横浜流星(25)、多部未華子(33)と登場した。同作は15年後に再会する誘拐事件の加害者と被害者の関係を描く。松坂は、子どもの頃の夢が破れた思い出を告白した。

 物語にちなみ「子供の頃にできなかったこと」という質問に最初に手を挙げた松坂は「漫画家を目指していて、小学校の時とか好きな漫画の模写とかをずっとノートに書いたりしていた」と述懐。そのノートを机にためていたが、姉に見られたという。その姉の一言が「絶望的にへたくそだね」だったといい「夢は捨てましたね。ノートは泣きながらゴミ箱に入れました」と懐かしそうに話していた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス