文字サイズ

野口五郎、桑田佳祐からの手紙に感激「心打たれるものでした」チャリティソングでコラボ

 歌手の野口五郎が23日、ブログを更新。同日にリリースされたサザンオールスターズの桑田佳祐、佐野元春、世良公則、Charの“同級生”とのチャリティーソング「時代後れのRock’nRoll Band」について、桑田から送られた手紙についての感想をつづった。

 「時代遅れの-」は、桑田が発案し、メル友の世良に相談。66歳の同級生に桑田があえてメールではなく手紙で呼びかけ、実現した。

 野口は「桑田氏から手紙を頂きまして、これが長~い内容で心打たれるモノでした」といい「何十年も会ってなかったのですが、僕の事ちゃんと分かってくれてる!ってのが、何だか嬉しかった!」と喜んだ。

 野口が自宅に苦労の末、スタジオを作った際に、Char、サザンにも声をかけたといい「その時の事よく覚えていてくれて…」と懐かしがった。

 実際に久々に対面し「本気でguitarに向き合っている人好きなんだな~って思って、しかも同級生って」としみじみ感じ入ったようで、別れ際に「桑田ッチが『guitarでブルースやりませんか?Aで一つ!』その場で二人だけで演っちゃいました!めっちゃ楽しい瞬間ですよ」と2人でセッションも行ったことも明かしていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス