文字サイズ

井上貴博アナ「Nスタ」で揺れ感じてニュース中断 地震速報なく「ごめんなさい」

 TBSの井上貴博アナウンサーが17日、キャスターを務める同局系「Nスタ」で、スタジオが揺れたことに反応した。中国のゼロコロナ政策について「天津では感染者が1人確認されただけで、数千人規模の…」と読み上げていたニュースを中断。「今、スタジオ揺れてませんか?」と伝えた。ともにキャスターを務めるタレントのホラン千秋も「揺れているような感覚は、はい」と続いた。

 井上アナは「今、スタジオ、TBSで、赤坂で揺れを感じました」とし、カメラも、スタジオ内の照明を映した。地震があれば照明は揺れるが、映し出された画像では動きはなかった。

 感覚を研ぎ澄ませながら揺れを確認していた井上アナは少し顔をしかめて「すいません、あのースタジオがテレビ局内にたくさんありまして、搬入搬出で揺れたということも、ごめんなさい、もちろん考えられます」と勘違いの可能性を自ら指摘した。続けて「今、テレビをご覧のみなさん、もし揺れを感じましたら、揺れの大きさに関わらず身の安全を確保する、このことを徹底していただければと思います」と呼びかけた。

 ただ、この時点でも地震の速報はなし。「気象庁から情報が特に発表がされていないということは申し訳ありません。スタジオの搬出搬入作業だったかもしれません。申し訳ありません」と謝罪した。午後5時半の時点でも地震の情報は発表されていない。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス