文字サイズ

綾瀬はるか、月9初主演 強欲弁護士演じる 勝つために手段選ばぬ型破りなキャラクター

 女優・綾瀬はるか(36)が、4月期のフジテレビ系ドラマ「元彼の遺言状」(月曜、後9・00)に主演することが16日、分かった。綾瀬は今作が「月9」初主演で、容姿端麗かつ、お金に目がない強欲な弁護士・剣持麗子を演じる。

 麗子はクライアントのためなら、どんなあくどい手を使ってでも“勝ち”にこだわる敏腕弁護士。ある日、ひょんなことから、元カレの栄治が「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言状を残し死去したことを知る。亡くなった事実よりも巨額の遺産に心が揺れ動いた麗子は、依頼人と共謀して遺産を山分けする計画を立て-。

 綾瀬にとって初の弁護士役。強烈キャラは新境地となりそうで「勝つためにはどんな手も使い突き進む型破りなキャラクターの麗子と痛快な物語に毎週スカッとする、視聴者の皆様の明日の活力になるような作品にしたいです」と意気込んだ。

 同作は新川帆立氏による同名小説が原作の痛快リーガルミステリーで、演出は「HERO」シリーズ(2001年、2014年)などを手掛けたヒットメーカー・鈴木雅之氏が担当。綾瀬とはドラマ「鹿男あをによし」(フジ系、2008年)、映画「プリンセス トヨトミ」(2011年)など5作品でタッグを組んでいる。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス