文字サイズ

だいたひかる「がんになって人生整理できた」 妊娠9カ月、不妊治療「残り1個」の卵子だった

「生きるために、捨ててみた。」刊行記念イベントを行っただいたひかる
「生きるために、捨ててみた。」刊行記念イベントを行っただいたひかる
2枚

 タレントのだいたひかるが9日、新刊「生きるために、捨ててみた。」(幻冬舎)刊行記念オンライン会見を行った。2016年に乳がんで右胸を全摘後、19年にその右胸部にがんが再発し手術、今年5月に妊娠発表と、だいたの5年間は激動そのもの。今作では40歳でのがん発覚から「1日1捨」の片付けで前向きになれたことなどをつづっている。

 妊娠9カ月のだいたは、大きなおなかの上にオーバーオールを着用し「イカめしみたいな感じ。パンパンです」と笑った。「片付け」については、がんを患って死を考えた時に、家にあった不要なものが「がんと一緒に見えてきた」ので決意したという。

 仕事を休んでいたため「家にいても役に立たない人間だな」と落ち込みそうになっていたが「部屋だけでもきれいにしたら未来が切り開けそうな気がした」と前向きに。入院にあたり「もしものときに大量の片付けを家族に押しつけてしまう」と考え始めた。

 5年経過して「(片付けの大切さに)気づいて良かった」としみじみ。「病気になると、時間が一番もったいない。捨てるかどうか考える時間がもったいない。決断力が早まった」と明かした。

 43歳での再発時は「がんってしつこいなって。それ以上に自分もしつこくやっていけば、すぐ死ぬことはない」と考えた。全摘部分の再発だったが、「真っさらになったところから、またしこりが。まぐろの中落ちの気落ちがわかった。『まだ削るの?』って」とジョークを交えて振り返った。「(夫が)虫歯と思って、できたら取るという形でがんと向き合う話をしてくれた。毎日、再発・転移のことを考えるのはしんどいので」と支えてくれたパートナーに感謝した。

 45歳での妊娠は、奇跡に歓喜後は不安だったという。がん発症前から不妊治療を行っており、凍結した卵子1個が残されていた。病がなければ「43歳で不妊治療をやめよう」と考えていたが、「5年間、冷たいところにいた卵子を1回でもいいから温かいところに戻してあげたい」と決断。現在は来年誕生する男児の名前を考案中だ。

 「がんになって人生を整理できた」というだいたは、「片付けはオススメ。お先真っ暗だからこそ、部屋ぐらい明るくしておくといいことありそう。掃除が楽になっていい」と明るく呼びかけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス