文字サイズ

尾上菊之助 涙で義父・中村吉右衛門さんを偲ぶ「尊敬する、とても優しい父でした」

 歌舞伎俳優の尾上菊之助(44)が2日、東京・東銀座の歌舞伎座ギャラリーで会見し、11月28日に心不全のため77歳で死去した義父で歌舞伎俳優の中村吉右衛門さんを、あふれる涙で悼んだ。吉右衛門さんの葬儀は1日に親族葬で営まれ、喪主は妻知佐さんが務めた。戒名は秀藝院釋釈貫四大居士(しゅうげいいんしゃくかんしだいこじ)。

 涙があふれた。今年3月、菊之助が国立劇場の「時今也桔梗旗揚」で武智光秀(明智光秀)を演じ終えた時、教えた吉右衛門さんに「よくやってくれた」と褒められたという。「倒れる2日前でしたので、きっとおつらかったと思うんですよ」と感情を抑えきれなくなり「尊敬する、とても優しい父でした」と涙をぬぐった。

 2013年に吉右衛門さんの四女瓔子さんと結婚。亡くなる前日の11月27日に見舞ったのが最後となった。闘病の様子を「物思いにふけっているような…。ずっと何かを考えられているような感じ」だったと説明した。

 心臓発作で倒れて以降、知佐さんがつきっきりで看病したといい「芝居一本で来ましたので母との時間はそんなに多くは取れなかったでしょうから、8カ月間は母との時間をゆっくり過ごせたと思っております」と、吉右衛門さんの胸中を代弁した。

 死去した日は菊之助の長男・尾上丑之助(8)の誕生日だった。

 「誕生日ケーキの時に一報が入りまして、その場では伝えられなかった。2日後に伝えまして『丑之助の誕生日にじいたんが亡くなったから、毎年じいたんに感謝の言葉をお祈りしよう、それで誕生日を迎えようね』って約束しました」と振り返った。ディズニーとくまのプーさんが大好きだった吉右衛門さんは、孫と乗るディズニーランドの「プーさんのハニーハント」が楽しみだったという。

 棺には家族が書いた手紙、舞台写真、丑之助を背負う写真、丑之助が描いた「熊谷陣屋」の絵が納められた。菊之助は「芸の模範」と仰いだ吉右衛門さんを「忘れないでください」と訴えていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス