文字サイズ

【12月3日のカムカムエヴリバディ】第25話 千吉が現れるが… 安子は雉真家に戻らず商いに精を出す

突然現れた千吉(段田安則)は安子(上白石萌音)と娘のるい(中野翠咲)にある提案を…
おはぎと娘のるいを荷台に乗せ、自転車を漕ぐ安子(上白石萌音)
2枚

 史上初3世代のヒロインを描くNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(月曜~土曜8時・土曜は1週間振り返り放送)。12月3日は第25話が放送される。安子は思いを貫こうとするが…。

 安子(上白石萌音)の前に突如現れた千吉(段田安則)。安子に、るいを連れて雉真家に戻ってくるよう説得する。しかし、安子の固い決心は揺らぐことはなかった。一層おはぎ作りに精を出し、大口の顧客を増やすために営業にも回るようになる。るいとの日々の楽しみだった「カムカム英語」を聴く余裕すらないほど、忙しい日々を送る。息つく間もなく、作業に没頭する安子だったが…。

 朝ドラ105作目の「カムカムエヴリバディ」は、母から娘へと3世代のヒロインが紡ぎ出す100年に渡るファミリーストーリー。戦前の岡山に生まれた安子を上白石萌音、娘のるいを深津絵里、孫のひなたを川栄李奈が演じる。脚本は「ちりとてちん」を手掛けた藤本有紀によるオリジナル作品。岡山・大阪・京都を舞台に、ラジオ英語講座と共に歩んだ彼女たちの心温まる物語を、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に描いていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス