文字サイズ

国際弁護士 眞子さま、小室さんの米国新生活「生活はできるがゴージャスではない」

 フジテレビ系「バイキングMORE」で24日、秋篠宮眞子さまと結婚の方向で調整が進んでいる小室圭さんの長髪を後ろで結んだ最新の映像が公開され、お二人の今後について特集。米ニューヨークでの新生活を、国際弁護士・樋口一磨氏は「生活はできる。ただ、ゴージャスかというとそうでもない」と予想した。

 番組では、今年4月に発表された全米法律事務所協会の給与調査報告書によると、弁護士1年目の平均年収は16万5000ドル(約1800万円)だと紹介。

 MCの坂上忍が「すごいなー。1年目から…普通の感覚でいったら、こんなもらえるのって思うんですけど、本当にもらえるんですか?」と驚きの表情で聞くと、樋口氏は「全米平均ですので、かなりばらつきがあります。ただ、ニューヨークの特に大手に就職されるという情報ですけれども、そうするとそれぐらいの金額というのは十分ありうるかなと思っています」と、うなずいた。

 ただ番組の調べでは、ニューヨークには家賃20万円以下の物件はほぼなく、40平米のワンルームで1カ月の家賃は2850ドル(約31万3500円)だという。

 樋口氏は「この家賃も、ちょっと広めですけど日本で言うワンルームというイメージですので、お二人で新婚生活となると、もうちょっと…40万ぐらい。あとはアメリカは日本みたいに保険制度がないので、保険料が1人月5万とか。食費もちょっとディナー食べると、普通に1人1万円とか。全体的に物価が高い。これだけ収入が得られれば生活はできるとは思います、ただゴージャスかというとそうでもない」と解説した。

 公開された小室さんの映像は、日本時間24日午前5時頃のニューヨーク・マンハッタン。黒のスーツに白シャツ、ノーネクタイの白マスク姿で長く伸びた黒髪を後ろで束ねていた。質問する記者に視線を送ることはなく、一切言葉を発しなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス