文字サイズ

土屋太鳳 AI女子高生役「すごく難しかった」役作りに給湯器の声聞いた

 女優の土屋太鳳(26)が22日、新宿・花園神社と新宿ピカデリーで行われたアニメ映画「アイの歌声を聴かせて」(10月29日公開)大ヒット祈願イベント&完成披露試写会に福原遥(23)、工藤阿須加(30)らと登場した。ポンコツAI女子高生とクラスメートが織りなす青春群像劇。土屋は歌うのが大好きなAIである主人公・シオンの声優を務めている。

 土屋は大人になったシオンをイメージしたという、モノトーンのクラシックなワンピースで登壇。AIという役柄を「すごく難しかった。どのように表現したらいいか恐怖さえ感じていたんです。(役作りで)周りのAIの声を聞いたんです。給湯器の『お風呂が沸きました』とか、携帯の声を聞いたんです」と個性的な役作り方法を明かした。

 本作では歌唱も担当し、透明感のある美声を披露している。16歳の頃「舌小帯」を切除する手術をしたことに触れ「子供の頃は声が出なくて、今このような仕事ができているのは奇跡だなと思う。できないことに挑戦する人に聞いてもらいたい」と強い思いを明かした。その歌声に福原は「本当に大好きでめちゃくちゃ感動した」、工藤も「心から震えました」と太鼓判を押した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス