文字サイズ

「サンモニ」青木理氏、政権交代可能な勢力の育成が「ぼくらの課題」

 ジャーナリストの青木理氏が19日、TBS「サンデーモーニング」に出演。自民党総裁選の後に控えている解散総選挙について「政権交代可能な勢力を育てることがぼくらの課題」という考えを示した。

 スタートした自民党総裁選に関して、「説明しない、責任を取らない政治が続いたのが、変わるのか、変わらないのかが1つの焦点」と指摘。そのうえで候補者は「最大派閥の安倍さんの意向をある種、忖度(そんたく)して」いるとし、「なんていうんでしょうか、変わらないというか」とため息まじりに語った。

 総選挙については、現行の選挙制度では、与党内でかつてあった「疑似政権交代」のような動きはないと断言。「巨大与党をきちんとチェックできる、場合によっては政権交代を臨むかもしれないくらいの勢力を作ることの方がある意味健全なんだろうなという気がする」と大きな対抗勢力の必要性を説いた。

 政権交代の可能性がある緊張感の中では公文書の隠蔽(いんぺい)や改ざん、官僚の忖度などは起こらないと分析。「政権交代したら、みんなバレちゃいますから」と説明した。総選挙では「やっぱり政権交代可能な勢力を育てるっていうことがぼくらの1つの大きな課題なのかなって思いながら総裁選を見ています」と持論を展開した。なお「ぼくら」が誰を指しているのかは明示しなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス