文字サイズ

宇多田ヒカルが吉高由里子主演ドラマ「最愛」主題歌 初のTBS金曜ドラマ枠

 歌手・宇多田ヒカル(38)の新曲(タイトル未定)が、吉高由里子主演のTBS系ドラマ「最愛」(10月スタート。金曜、後10・00)の主題歌に起用されることが17日、分かった。宇多田のドラマ主題歌は、昨年4月期「美食探偵 明智五郎」での「Time」以来、1年半ぶり。TBSでは1999年「魔女の条件」、2002年「First Love」、17年「ごめん、愛してる」に続く4年ぶりで、金曜ドラマ枠は初となる。

 殺人事件の重要参考人となった実業家(吉高)と、刑事(松下洸平)、弁護士(井浦新)の3人を中心としたラブサスペンス。新井順子プロデューサーは宇多田の「SAKURAドロップス」を聞きながら、企画書を制作したという。「楽曲を書き下ろしていただくことになり、歓喜しています!ドラマ映像に宇多田さんの音楽が重なり作品が完成したとき、唯一無二の世界観が生まれることは間違いありません」と確信していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス