文字サイズ

NMB初の海外出身メンバーが公演デビュー 韓国の李始燕「汗がだらけに」

 NMB48初の海外出身メンバー、李始燕(イ・シヨン、韓国)が7日、大阪・なんばのNMB48劇場で行われた「吉田朱里プロデュース研究生公演『Will be idle」』で公演デビューを果たした。李は8月14日に大阪城ホールで行われたグループのコンサートで加入がサプライズ発表されていた。

 この日は7期生の瓶野神音、黒田楓和、佐月愛果、隅野和奏、早川夢菜、和田海佑と出演。「絶滅黒髪少女」「LOVE修行」「エンドロール」などを披露した。

 序盤3曲後には「みんなと夢見る恋をしよう。韓国出身、21歳のしよみんこと李始燕です」と自己紹介。続くMCで初日公演と紹介され、「ありがとうございます。本当に初めて3曲を連続でやったので、汗がだらけになりました。(3曲が)あっという間に終わって、リハより今がめっちゃ早いなと思って」とほぼ完ぺきな日本語で思いを伝えた。

 最後まで汗だくの全力パフォーマンスで歌い踊ると、終演のあいさつ後は「ありがとうございます」と客席に笑顔で手を振り退場。その後、「めっちゃ楽しかったです」と振り返った。

 昨年9月にお披露目された7期生のオーディションに応募した李は、コロナ禍で最終審査に来日できず、今年3月の追加オーディションを経て合格した。8月のコンサート冒頭で「7・5期生」として紹介され、「夢は逃げない」をソロ歌唱。アンコール時にはNMBとしての夢を紅白歌合戦出場、個人の目標を「シングルのセンター」と明かしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス