文字サイズ

さんま 仁鶴さん「売れたきっかけ」 「ピンであれだけの爆笑とる人出て来ない」

 タレントの明石家さんま(66)が21日、MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。吉本興業の先輩で、17日に84歳で死去した落語家・笑福亭仁鶴(本名岡本武士=おかもと・たけし)さんを悼んだ。

 さんまは吉本興業ホールディングスの大崎洋代表取締役会長からの連絡で17日に訃報を知ったという。「会社やめって言うかと思った」とした上で、宮迫博之の闇営業騒動など一大事のときに連絡が来るという大崎会長からは「こんな電話ばっかりで申し訳ないって。仁鶴師匠が亡くなられました。本人の希望で密葬だというので」と明かした。

 仁鶴さんについて「いまの吉本を創ったといってもええぐらいすごい人。やすきよ、三枝、仁鶴という人が引っ張って。アイドル的人気で仁鶴師匠が出て来たら、天井落ちるんちゃうかなと思うぐらい沸く。いまのNGKが。ピンであれだけの大爆笑とる人は出て来ないと思う」と絶賛した。

 また、さんまは自身が売れたきっかけを仁鶴さんが出演していた読売テレビ『爆笑三段跳び』という番組の前説と告白。多忙な仁鶴師匠が仕事で遅れるため、いつ始まるか分からないとし「伸ばせと言われて、新幹線遅れて1時間半つないだことある。ある日、本番に出してあげようと。芝居のコーナーに出してもらった。ボケたらつないでくれて」と回想。

 「1対1でしゃべったのは、テレビでオレが『あれは先輩あきまへんで』ってギャグで言ったら、気にしてらっしゃったみたいで。読売テレビの『(大阪)ほんわかテレビ』で特別枠で対談してるんですよ。仁鶴師匠の1対1のテレビの対談は最後?いま振り返ると。『あれ僕がアカンかった?』『そんなことないんですよ』って、(あと)昔話して。テレビ的には文枝師匠が僕を育てたみたいになってて、現にそうなんですけど、『仁鶴師匠の三段跳びで鍛えられて、前説で会社に認められてあいつら売り出そうとなったから本当は仁鶴師匠のおかげなんです』と伝えたら、『覚えてくれてたか』と言われてうれしかったのを覚えていますね」と懐かしそうに振り返った。

 また、さんまは14日に肺炎のため死去したジャニーズ事務所の藤島メリー泰子名誉会長(享年93)、19日に新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した俳優の千葉真一さん(享年82)も悼んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス