文字サイズ

感染の野々村真「苦しい」「入院させてもらえない」と宮根に訴え 重症化の瀬戸際、現在は入院

 フリーアナウンサー・宮根誠司が10日、司会を務める読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」に出演。新型コロナウイルスに感染し自宅療養から症状が悪化して5日に入院したタレント・野々村真(57)について、「病院入れてもらえない」「苦しい」と訴えていたことを明かした。

 野々村は7月30日にPCR検査を受け、陽性と判明。38度の熱があったが、保健所からは自宅療養を指示された。同31日には40度近い高熱。「電話やLINEなどでずっと連絡を取っていた」という宮根によると、「経験したことのない頭痛、体の痛みが出てきた」と話していたという。

 8月4日に血中酸素飽和度が90まで下がり、119番したが、救急車到着時に96の数値を示したため、東京都の入院基準「96未満」にあてはまらず、入院できなかった。翌5日、ようやく入院できたという。

 宮根は「8月に入って急に悪くなった。とにかく『息苦しい』『病院もなかなか入れてもらえない』と」と入院させてもらえず苦しんでいたことを伝えた。

 自宅療養ではなく、看護師が常駐している宿泊療養に切り替えられないのか?と聞くと「ホテルもいっぱいです、と(言われた)」と話したという。宮根は「(彼は)ずっと『苦しい、苦しい』って言ってて、僕は『頑張れ、頑張れ』というしかなかった」と明かした。

 入院時は、両肺が真っ白で重度の肺炎だった。現在は酸素吸入をし、心電図をつけ、トイレや風呂も行けない状態。医師からは「重症化の瀬戸際」と告げられていることも伝えた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス