文字サイズ

加藤清史郎「20歳になりました」に感慨、祝福の声続々 「イケメン」「かっこいい」とファン

加藤清史郎
加藤清史郎のインスタグラム@kato_seishiro_officialより
2枚

 俳優・加藤清史郎が20歳の誕生日を迎えた4日、インスタグラムを更新。20歳の決意をつづった。

 20歳のろうそくが灯ったケーキを手に笑顔の写真をアップし、「20歳になりました。なんだか実感が湧かないというか、変わらなきゃいけないものも、変わりたいと思うことも勝手に変わっていくこともあるのかな、と思ってます。『ドラゴン桜』桜木先生の言葉をお借りして、、自分の信じる道を、一歩一歩精進したいと思います。」と決意。

 そして「今後とも、暖かく、そして厳しく見守っていただけましたら幸いです。宜しくお願い致します!!!」とつづった。

 ろうそくの光が反映して分かりづらいが、役作りのため銀髪になっているという。

 加藤は2009年、NHK大河ドラマ「天地人」で主人公・直江兼続(妻夫木聡)の幼少期を演じ、“泣き虫与六”の名演技が話題に。同年出演したトヨタ「こども店長」のCMで大ブレークし、「かつおぶしだよ人生は」でCDデビューも果たした。高校時代はロンドン近郊のボーディングスクールに入り、英国で生活。大学入学を機に芸能活動を再開した。

 ファンからは「清史郎君が二十歳かー!」「もう二十歳か~おめでとう」「二十歳とか信じられません 笑」など子役時代から見守ってきた人たちからは感慨深げな声も続々。「かっこよすぎんかぁ!!」「イケメンすぎる~!!」「銀髪見たい」などのコメントも届いている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス