文字サイズ

米山隆一元知事 松井一郎大阪市長に「ある種の『ヤンキー文化』を感じる」

 米山隆一元新潟県知事が7月31日にツイッターに投稿。松井一郎大阪市長が、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令されても市立中学4校の修学旅行を実施するとの考えを示したことに「リスクを取る事がかっこいいというある種の『ヤンキー文化』を感じる」「考え直すべき」などと再考を求めた。

 米山氏は、松井氏が「出発前に生徒全員にPCR検査を行い陰性が確認された人物が参加する仕組みとする。オリンピックもやっている」などと述べた報道を引用。

 米山氏は「これはある種の賭けで、結果はやってみなければわかりませんが、事前にPCRをしても修学旅行中クラスターが発生するリスクは無視できるほど小さい物ではありません。リスクを取る事がかっこいいというある種の『ヤンキー文化』を感じるのですが、私は考え直すべきだと思います」と投稿した。

 さらに米山氏は「みずからの『ヤンキー的』承認欲求を満たすために、『オリンピックをやっているから』などという凡そ合理的とは言えない理由を掲げ、徒に子供達や地域の住民の感染リスクを高める事は、私は民主主義政治家としてやるべき事ではないと思います」と重ねて再考を促した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス