文字サイズ

阿部きょうだいVを地元の兵庫・和田岬も待望「2人とも優勝」「もうドキドキ」

 柔道女子52キロ級で、日本勢では同階級初の金メダルを狙う阿部詩(21)=日体大=は、兄で男子66キロ級代表の阿部一二三(23)=パーク24=と共に25日に登場する。地元の兵庫・和田岬も快挙の瞬間を待ち望んでいる。

 2人は帰省した今年1月、「三石神社」で必勝祈願を行った。幼少期から同社のお祭りに参加し、神輿(みこし)も担いだ思い出の場所。今年、一二三は絵馬に「最高に輝く」、詩は「東京五輪優勝 自分に勝つ!」と記した。宮司の小林友博さんがエールを送る。

 「来年、金メダルを首に掛けてお参りに来ますねと言われていました。ぜひ、2人とも優勝してほしいです」

 阿部兄妹が通った和田岬小学校近くには、駄菓子などを販売する「淡路屋」がある。店主の伊藤由紀さんは詩が5年生の時、「あんたは絶対に有名になる」と壁にサインを頼んだ。「日本を背負う重圧がありますよね。本当に頑張ってほしい。もうドキドキ。試合は正座して見ます」。前人未到の兄妹Vを。地元も共に闘っている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス