文字サイズ

堀江貴文氏、小林賢太郎氏のユダヤ人虐殺ネタ非難に私見「粗探しが先鋭化してきた」

 実業家の堀江貴文氏が22日、自身のツイッターに新規投稿。東京五輪開会式でショーディレクターを務める予定だった元ラーメンズの小林賢太郎氏が芸人時代にユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)をパロディーにしたとみられるコントの動画がネット上で拡散し、米国のユダヤ系人権団体が非難声明を出したという報道を引用し、「粗探しが先鋭化してきた」と私見をつづった。

 東京五輪・パラリンピック組織委員会はこの日、小林氏の解任を発表した。

 開会式を巡り、作曲担当のミュージシャン・小山田圭吾氏が過去に雑誌で障がい者とみられる同級生をいじめていた過去を告白していたことを問題視されて辞任したばかり。堀江氏は小山田氏について、19日付投稿で「一生公の場では何もできなくなったってことが確定したんだと思います」「小山田圭吾全く興味ないけどインタビューしたくなった」と関心を示していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス