文字サイズ

比嘉愛未、役作りは「しなくて良かった、ナチュラルに役に入れた」フカキョン代役抜てきで

 女優・比嘉愛未(35)が12日、オンラインで行われた主演のフジテレビ系ドラマ「推しの王子様」(15日スタート。木曜、後10・00)の第1話完成報告会に、共演の渡邊圭祐(27)、ディーン・フジオカ(40)、白石聖(22)と出席した。

 “乙女ゲーム”を手掛けるベンチャー企業の女性社長が、理想の男性を育てるラブコメディー。比嘉は「この仕事を始めて15年で初のラブコメ。ついにラブコメ来たな、という感じ」と笑顔で語った。

 主演を予定していた深田恭子(38)が5月下旬に体調不良で休養。急きょ代役として抜てきされた比嘉は「オファーを頂いてから1週間なかったので役作りというものがあまりできなかったんですが、しなくて良かったなって、今となっては思ってます。ガチガチに固めて臨むより、柔軟にキャストの皆さんとのセッションを楽しめてますし、ナチュラルに役に入れました」と話した。

 現場では出演陣が撮影の合間に「人狼ゲーム」で盛り上がるなど、座長・比嘉のもと和気あいあいの様子。中でも、ディーンが“巻きの王子様”と呼ばれていることも明かされ、ディーンは「きっちりやることをやって、1秒でも早く帰らせる。早く帰りたいわけけじゃなくて、作品のために日々巻いております。労務管理は大事です」と話し笑わせていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス