文字サイズ

室井佑月氏 陛下があたしたちのために真っ当な懸念を示した、宮内庁長官「拝察」

 作家の室井佑月氏が25日にツイッターに投稿。宮内庁の西村泰彦長官が24日の定例記者会見で、東京五輪・パラリンピックへの天皇陛下の受け止めについて「国民に不安の声がある中で、開催が感染拡大につながらないか、懸念されていると拝察している」と述べたことに言及した。

 室井氏は「ここまで強引に進める五輪は、政府が考える先の選挙のためだと誰もが知っている。けど、政府は国民のための平和の祭典といいはる。そして、陛下があたしたちのために真っ当な懸念を示したら『政治利用』という妨害。おかしいよ。そういうこと言い出す人こそ、なんでも政治利用だし、人権無視じゃん」と投稿した。

 西村長官は定例会見で、東京五輪・パラリンピックへの天皇陛下の受け止めについて、「陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を大変心配されている。国民に不安の声がある中で、開催が感染拡大につながらないか、懸念されていると拝察している」と述べた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス