文字サイズ

須田慎一郎氏 五輪は「商売。スポンサーが一番大事」 スポンサー入場枠を解説

 経済ジャーナリスト・須田慎一郎氏が26日、読売テレビ「あさパラS」にゲスト出演し、東京五輪について「商売ですから。スポンサーが一番大事」と、組織委員会が観客とは別に関係者を入場させようとする理由を推察した。

 須田氏は「ここで改めて言うのも何ですけど、もうオリンピックって商売ですから。ビジネスですから。ある意味、お金を得るためにやっているので、放映権料とかスポンサー料によって成り立っているイベントですよ。そうしたらスポンサーが一番大事ですから」と、商業的意義が強いと解説。その理論に沿えば「スポンサー枠を設けるのは当然。逆に言えば、観客は付け足し。別枠が設けられるのは当然じゃないかと思います」と、入場者にスポンサー・関係者枠が取られるのは当たり前だとした。

 MCのハイヒール・リンゴは「下世話な話、無観客でやれば関係者の多さが目立つから、ちょっと観客を入れとこうかという話も出てますもんね?」と話を振ると、須田氏は「そうですね。裏読みしますね」と感心していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス