文字サイズ

純烈「ありがとう」大江戸温泉物語 9月閉館へ 思い出の地「感謝しかありません」

 今年4月にお台場大江戸温泉物語で1年2カ月ぶりの有観客ライブを行った純烈
 閉館する「東京お台場 大江戸温泉物語」の外観(大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ提供)
2枚

 東京都江東区の入浴施設「東京お台場 大江戸温泉物語」が9月5日の営業を最後に閉館することを23日、大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツが発表した。東京都との借地契約が12月に期限を迎えるのが理由という。

 2003年に開業した同所はムード歌謡グループ・純烈がデビュー10周年記念日だった昨年6月23日に無観客でDVD用のライブを行い、今年4月12日には1年2カ月ぶりとなる有観客ライブを開催するなど縁が深い。閉館決定に際し、リーダーの酒井一圭(46)はコメントを寄せた。

 「純烈がこれまでお世話になりステージに立たせていただいた健康センターをはじめ、温浴施設の灯がコロナ禍で全国的に急加速で消えていく中、理由は違えど思い出の詰まった大江戸温泉物語お台場の閉館のニュースはただただショックです。

 でも大江戸温泉物語お台場での、これまでの苦楽や汗と涙と笑い声を振り返ると感謝しかありません。歴代の支配人をはじめスタッフの皆さんは本当にここを愛していたし、純烈も純子や烈男のみんなもここが大好きでした。

 また会えると信じています。復活の日をずっと胸の片隅に置いて、大江戸温泉物語お台場での沢山の経験を糧に頑張っていきたいと思います。ありがとうございました」

 今後は7月26日にライブ「純烈~温泉ライブinお台場二十二~」を開催する予定となっている。

  ◇  ◇

 純烈・後上翔太 (ブログにて)「本日をもちまして、純烈は12年目に突入しました。お台場大江戸温泉物語の閉館の一報が飛び交ったのが本日というのも何か感じずにはいられないのです。

 純烈にとって非常に大きな意味のある時間を数多く過ごさせていただいた場所。寂しさや悲しさはもちろんだけど、同時に楽しかった思い出が沢山浮かんでくる。

 まだ開催予定があるお台場大江戸温泉物語でのライブもその一瞬一瞬を皆様と共有できます様に。そんな思いを込めて、12年目の純烈も純烈らしく歩んでいきたいと思うのです」

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス