文字サイズ

小室佳代さん告白 意外な母子関係に山田ルイ53世「べったりのイメージ変わった」

 読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」が22日、秋篠宮家の長女・眞子さまとの結婚が延期となっている小室圭さんの母親・佳代さんが、この日発売の「週刊文春WOMAN」で胸中を告白したことを伝え、スタジオでは意外な母子関係に口々に感想が飛び出した。

 番組では、佳代さんが長い沈黙を破って話した内容を詳報。圭さんについては「息子は全部自分で決めてやるタイプ」と話し、小学校卒業後にインターナショナルスクールへ入学したことに「中学でインターナショナルスクールに進学することも自分で決めました。私の意見は『あなただったらどうする?』みたいに時々参考程度に聞くぐらいで」と説明。

 小室さんが28枚に及ぶ文書を公表した4月8日は手術を受け、集中治療室(ICU)にいたといい「いつ出るか、息子は当日になるまで教えてくれないんですよ。これまでもそうでした。あの子は何かそういうところがあるんですよね」と振り返った。

 小室さんの米国留学後は「それほど連絡を取っていません」と話し、最近では5月9日前後に関係ないことで電話をしたといい「私が『そういえば日本では“母の日”なのよ』と言ったら、何を思ったのか『おめでとう』って」と話した。

 スタジオでは初めて聞く話に盛り上がり、フリーアナウンサー・宮根誠司は「こういうことで親子関係をちょっとしゃべってもらうと、小室圭さんって意外と自分でパッパッと決める人なんだとか、いい言い方すると独立心の強い人なんだなと人柄も見えてきますよね」と感想。

 お笑いコンビ、髭男爵の山田ルイ53世が「我々正直ずーっと今まで小室佳代さん、息子さん・圭さんと、どっちかというとべったりみたいなイメージで思ってましたけど、こんな感じなん?という」と話すと、宮根が「ちょっとマザコンちゃうか?みたいなね、言われたり」と合いの手。山田は「その印象は確かに変わりましたけど、結構なこれだけの騒動になってんのに、そんなにその話せえへんのやっていう疑問はあります、正直」と首をかしげる場面も。

 元TBSアナウンサー・吉川美代子氏は「あとインターナショナルスクールへの進学を、小学校6年生の圭さんが決めたという。そんなお金のかかるところに小学生が、母子家庭である現実をわかってる男の子が言うのかなって、ちょっと不思議に思った点はありました」と、別のところに反応していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス