文字サイズ

橋下徹氏、PCR検査拡大論者に「反省して」 五輪代表団の陽性者への対応例示

 元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が20日、フジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」に出演し、PCR検査拡大を主張する人々に反省を促した。

 19日に来日したウガンダ五輪代表団が成田空港内で新型コロナウイルスの抗原検査を行い、1人がPCR検査での陽性が確認された。性別や選手かどうかなどは明かされていない。

 ゲスト出演していた加藤勝信官房長官は、五輪関係者には、入国する際のルールなどが書かれているプレーブックが渡されているとし「出国する前、4日以内に2回。2回目は3日以内に検査してくださいと。入国時に検査をして、入国後は毎日検査をしてくださいと、こういうオペレーションになっています」と説明した。

 ウガンダ代表団の残り8人は陰性だったが、入国後も「プレーブックにのっとって適切に対応している」と淡々とコメントした。橋下氏も「対策が機能したということ。陽性者を見つけることができて、きちっと対応できた」と水際対策が功を奏したことを評価した。

 橋下氏は、「こういう状況を見てもらえればね、今までずーっと、PCR検査を『いつでも、だれでも、どこでも、みんなでやることによって陽性者を隔離する』なんてことを言ってた人、たくさんいますけど、(隔離は)できないんですよ、1回のPCR検査では」とバッサリ。ウガンダ代表団が複数回の検査をしていたことを具体例に「何回も何回も繰り返し(検査)することによってしか、こういう風に対応できない。とにかくむやみに検査拡大を言ってた人たちは、よくこれを見て反省してもらいたいです」とあきれながら指摘した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス