文字サイズ

小倉優子 大腸にポリープ見つかる、5ミリ大に医師「要注意家系」

 タレントの小倉優子(37)が3日、テレビ東京系「主治医が見つかる診療所スペシャル【芸能人“お悩み解決”人間ドックスペシャル】」(後7・58)に出演し、大腸に5ミリ大のポリープがあることが判明した。

 小倉は検査の時点で「祖母が胃がん。祖父が大腸がんでした」と親族にがん患者がいたことを明かした。

 番組では、小倉の大腸内部の映像も放送。ポリープが見つかった。ナレーションで「放っていても大丈夫なものもあればがん化するものもある」「大きさが5ミリ以上あると、がん化するリスクが高くなる」などと危険性を説明。小倉のポリープは5ミリ大だった。

 番組では大腸がんの悪性度は5段階とし、「1は問題なし 3は要注意 5はがん化」と説明。小倉は3の「要注意」だった。番組に出演した医師は「腫瘍だが悪性ではない良性腫瘍」「この年齢で5ミリが育つのは要注意家系」と述べた。

 小倉は「本当にありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス