文字サイズ

アイン稲田「ガキ使」浜田雅功に「ブス!」18発 ハイヒール・リンゴお色気投入で壊滅

 アインシュタイン稲田直樹が16日放送の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」に出演。ネタでダウンタウンらレギュラーメンバーを笑わせ募金(1回罰金1000円)を集める「七変化」シリーズに55人目の挑戦者として登場し、歴代の河本準一(6万3000円)、渡辺直美(6万)に次ぐ5万7000円を獲得し、歴代3位にランクインした。

 本番前にド緊張していると、近寄ってきた浜田雅功から理由不明の蹴りを食らい、松本人志が「許したってくれ、病気なんや」とお詫びして笑わせる一幕も。

 これで覚醒したか、稲田はネタ全開。相手のブス加減に比例して反応するロボット「ブスサーチャー」になって登場し、オチは見えていながらも、松本、ココリコらで穏やかな反応を示した後に、浜田に向かって「ブスッ!!!」「ブス!ブス!ブス!」と大連呼して毒づき、ぶっ壊れた。全員が笑ってしまい罰金を奪われる中、浜田が「分かってたけど、腹立つわこいつ」と苦笑すると、ロボットは怖い顔で浜田をにらみながら、また「ブス!」。18連呼して立ち去った。

 また「元カノからの電話ネタ」では、スマホの画面に「ハイヒール リンゴ」と出て、本物が声で登場。甘えた声で「もしもーし」「ちょっと旦那とうまいこといってないねん」と言いだし、我慢していた全員が笑わされて全滅に。昔に同期のダウンタウンが「郵便受けから部屋を勝手にのぞいたんよ。お風呂上がりの私を狙って」「松っちゃんが私のこと好きやってん」と主張し、松本は指で×マークを作って反論していた。

 ヘリポートの顔面メークで、ドローンを着陸させたり、自転車の顔面サドルとなってダウンタウンに座らせたりと大暴れした。

 ネット上は「稲ちゃん強い」「稲田七変化 すごい!」と反応。浜田へのブスいじりに「オチがすぐ分かるのに、めっちゃ面白いのは逸品」「プロのブスである稲ちゃんにしか出来んw」「展開が分かってたとしても笑える」「音割れブスw」との投稿を集め、最後にリンゴがスタジオに現れる展開に「リンゴ姐やんを使えるって何者や」「リンゴ使うんずるいわー(笑)」と笑いが広がっていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス