文字サイズ

コロナで「大阪の死亡者はインドよりも多い」医師が「サンモニ」で伝える

 宇都宮市の「インターパーク倉持呼吸器内科」院長・倉持仁氏が9日、TBS系「サンデーモーニング」に出演し、新型コロナウイルスの感染拡大について「大阪の死亡者はインドよりも多い」とコメントした。

 倉持氏は「大阪では毎日1000人以上の感染者が出て、40~50人の方が亡くなり、入院・治療を受けられる方はわずか10%なんですね。残りの人たちは検査も治療もろくに受けられないような状況で放置されているような状況が続いていて、その状況が全国に広がろうとしている」と報告。さらに、具体的な数字は示さなかったが「諸外国と比べて、大阪だけの死亡者は場合によってはインド、アメリカ、イギリス、ヨーロッパよりも多いような状況なんです。非常に深刻で悲惨な状況です」とした。

 司会の俳優・関口宏は「致死率は世界的には低いと言われていたのは、もう言われなくなっちゃったんですね」と改めて質問。倉持氏は「ここ1週間の大阪の亡くなっている数を見ると、イギリス、アメリカなんかよりは多くなっていて『インドと同じくらい亡くなっているんじゃないか』なんて言われていて、インドも数が増えすぎて正確な統計取れていませんから、どちらも悲惨な状況ということだと思います」と説明。さらに、ワクチンについても「日本はワクチンが入ってこないのが問題。立ち位置としては発展途上国と同じ」と追加で説明した。

 大阪は8日だけで見れば死亡は41人。インドは4187人で約102倍の数字。これに対して人口は大阪が882・3万人でインドが13・66億人と約155倍となっている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス