文字サイズ

「水ダウ」ヤラセ説&ヤラセ連呼後「クレージージャーニー」番宣 ネット反応「さすが」

 5日放送のTBS「水曜日のダウンタウン」で「やらせ」「名前貸し」をテーマにした検証企画2本を放送した直後に、「特報」として5月19日に特番で復活する「クレイジージャーニー」の番宣PRが放送された。「クレイジージャーニー」は2019年9月に、事前に用意していたトカゲなどを自然に発見したかのように放送していた不適切演出が問題となり、打ち切りとなった経緯があり、ネット上が反応した。

 「水ダウ」では、1本目が「ヤラセ設定持ちかけられた芸人 番組成立のためならついつい片棒担いじゃう説」、2本目が「名前貸しのプロデュースオファーどんなにしんど目の内容でもギャラ次第では受けちゃう説」を放送。スタジオで「やらせ」のワードと、ブラックトークが飛び交った直後に、「クレイジージャーニー」の宣伝告知に入った。

 放送中からネット上では、「クレイジージャーニー復活決まった後にヤラセの説をやる水曜日攻めてるなー笑」「せっかくクレイジージャーニー復活するのにヤラセの説やるのやっぱり水曜日」とイジる投稿が相次いだ。

 番組告知後は「ヤラせ連呼からクレイジージャーニーの告知。さすが水曜日」「ヤラセの説散々やってクレイジージャーニーの告知。水曜日のセンスやべえ」「ヤラセ説の後に特報クレイジージャーニーって流石」「散々ヤラセの話をした後、クレージージャーニーの番宣入れるのなしだろw」と反応するコメントが続いた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス