文字サイズ

「逃走中」開始5分で10歳天才子役が確保され涙「容赦ない」「残酷すぎ」と話題に

 フジテレビ系「逃走中~こどもの日4時間SP~」が5日、放送された。こどもの日とあって、人気子役ら8人のキッズ逃走者が参戦したが、開始わずか5分20秒で確保される容赦なさが、ネット上で話題となった。

 NHK大河ドラマ「青天を衝け」で主人公・渋沢栄一の幼少期を演じ、天才的な演技力が話題となった小林優仁くん(10)は開始4分40秒でハンターに見つかった。全力疾走で逃げ回ったが、大人と子供の脚力の差ではむなしく、40秒後に捕まってしまった。

 小林くんは確保されると涙をぽろぽろこぼした。一緒に参加していたフィギュアスケーターの安藤美姫は「ちょっとは見逃してあげようよ。こどもの日だよ」とぼうぜん。YouTuberヒカキンも「かわいそう」と驚いた。

 これにはツイッター上で、視聴者から「こどもが最初につかまって泣くって残酷すぎ」「容赦ないっす」と番組開始早々から戦慄(せんりつ)の声があがっていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス