文字サイズ

麒麟・川島の帯番組MCのギャラは…安すぎて1度断った!?先輩芸人が明かす

 漫才コンビ・トミーズの雅が3日、MBSテレビ「せやねん!」に出演。TBSの朝の情報番組「ラヴィット!」のMCを務める麒麟・川島明のギャラは「驚く程安い」と明かした。

 番組では若手芸人のギャラを特集。関係者の話をまとめた額として「関西地区だけ放送の情報番組に、MCではない立場での出演」の場合、若手芸人枠5万円、大きな賞レースで優勝した若手芸人枠10万、全国で売れっ子の若手芸人枠15万と紹介。さらにこれが東京のテレビ局の場合、全国ネットで2倍、MCになると3倍に。だが帯番組のレギュラーになると、5倍とはならず、値切られる可能性大とした。

 すると雅が、新番組のMCを務める川島に言及。「最初言うてきた額が、あまりにもシャレにならんから川島が断った」と明かした。この発言に山中真アナウンサーは「局員としてはドキドキしてます」と慌てた様子。健も「ちょっとしゃべりすぎちゃうか」とたしなめた。

 それでも雅は気にする素振りを見せず「それから上がったんやて。断ったら上がるんや」と結果としてギャラがアップしたことを示唆。だが現在のギャラも「ビックリするくらい安いから。最初はもっと安かった」とリアルな金額こそ明かさなかったが、後輩の出演料について言及した。

 3月29日にスタートしたTBSの「ラヴィット」は、麒麟の川島がメーンMCを務める朝の情報番組。ニュースは扱わない生活情報番組となっている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス