文字サイズ

大阪異動のNHK武田真一アナが担当「-きん5時」は4・2% 5日に単発でお披露目

 今春に東京から大阪へ異動する武田真一アナウンサー(53)がキャスターを務め、大阪発で全国放送される新番組「ニュース きん5時」(金曜、後4・50)が、新年度を前に単発で“お披露目”された5日の世帯平均視聴率が4・2%だったことが8日、分かった。前4週平均は3・6%。

 番組では東京から離れた大阪だからこそ見える社会問題の裏側にある真相、人間模様に迫る特集「IPPOU」、NHK地域局が地元愛を戦わせる「のど自慢」や主婦の悩みに答える胸キュンドラマなどが放送された。「-きん5時」は4月2日に初回を迎え、武田アナと、同じく東京から大阪へ異動の石橋亜紗アナがキャスターを担当し、吉本新喜劇座長の小籔千豊が隔週でレギュラー出演する。(数字はビデオリサーチ日報調べ、関東地区)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス