文字サイズ

NHK武田真一アナ 大阪局異動で「単身赴任。料理できない」

 今春、東京から大阪に異動となる武田真一アナウンサー(53)がメインキャスターを務める「ニュース きん5時」(金曜、後4・50)が5日、特番として放送された。冒頭、自民党への忖度で東京から大阪に異動させられたとの一部週刊誌報道にも触れ、「あくまで通常の異動と…」と笑顔で否定した。

 「ニュース7」「クローズアップ現代+」を担当したNHKの顔。自民党・二階俊博幹事長へのインタビューで、不快な思いをさせたとして、NHK側が忖度して、左遷されたと報道された。

 大阪のスタジオから全国ニュースに登場した武田アナはコンビを組む芸人・小籔千豊から「武田さん、ネットニュースで囁かれてるような…、何かやらかしたから大阪異動ですか?」と冒頭のあいさつでいきなり“核心”ネタをイジられ「いやいや…」と苦笑。「あくまで通常の異動だと僕は思ってるんですけど」「(ネットニュースで囁かれてるようなこと)ではない」と笑顔で否定した。

 妻が「ご飯何がいい?」と聞き、夫が「何でもいい」と答えるなど無関心な夫への妻の不満をユーモラスにミニドラマで描いたコーナーでは、「僕も大阪で今度から単身赴任するんですけど、料理できないんですよ」と大阪へは単身赴任となることを告白。

 「だから家でテレワークやってる時、妻が作るんですけど。自分がお腹すいてない時、食べたくない時に誰かのために作らなきゃいけないって、けっこう大変だと思うんですよ。だから、『何がいい?』と聞かれて、『何でもいい』じゃなくて、一緒に考えるという姿勢を示す(ことが大事)」と穏やかな笑顔で話す場面もあった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス