文字サイズ

宝塚音楽学校107期卒業式 成績上位4人は娘役志望「清く正しく美しく、品のある…」

 タカラジェンヌを育成する兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一校長)で3日、107期生39人の卒業式が行われた。生徒は事前にPCR検査を実施し、全員陰性を確認。飛沫感染を避けるため、卒業証書授与や表彰で名前を呼ばれても返事せず起立のみ、国歌や校歌斉唱も事前収録した音源が流された。また卒業式後の、在校生から卒業生へのブーケ贈呈のセレモニーも、昨年同様、実施されなかった。

 107期生は19年に入学。だが昨春の非常事態宣言後は、約2カ月の休校となり、その間はリモート授業に。すみれ募金などのイベントも中止となり、修学旅行も兵庫県内に変更。夏休みなどを短縮し、授業時間を捻出した。

 今年は成績上位4人が全員娘役。首席で「小林一三賞」に輝いたの西村あみさんは「清く正しく美しく、品のあるタカラジェンヌになりたいです」と目を輝かせる。「初心をいつまでも忘れずに、いつも謙虚にひた向きに、感謝の心を大切に努力して参ります」と誓った。

 門間さや香さんは初観劇で「絶対にこの舞台に立ってお客様に笑顔をお届けしたい」と希望に燃えてきた。「大好きな踊りを活かしながら、可憐で素直な心を大切に、どのような色にも染まれる娘役になりたいです」と夢を馳せる。

 鳴瀬陽さんは7歳で宝塚を初観劇したときから、タカラジェンヌを目指してきたという。「宝塚の舞台を目指した日から『自分で自分の限界を決めない』という言葉を胸に進んできました」と振り返る。

 遠藤杏紗さんも「観ていて下さるお客様の心が温まるような、情熱と愛のある舞台人になれるよう、これからも精進して参ります」と誓った。

 107期生は宙組大劇場公演「シャーロック・ホームズ-The Game Is Afoot!/デリシュー!-甘美なる巴里-」(6月25日~8月2日)で初舞台を踏む。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス