文字サイズ

野田すみれ初グラビアはナイスショット 今月プロテスト受験 ゴルフと二刀流目指す

 現役女子大生ゴルフティーチングプロの野田すみれ(22)がグラビア界で異彩を放っている。石原さとみ似の美貌を武器に昨年末はウエアを脱ぎ捨て、デジタル写真集「初セクシーショット」(光文社刊)などで初のグラビアに挑戦。3月にツアープロのテストを受ける美女を直撃した。

 初グラビア掲載後に芸能事務所からオファーが殺到。ゴルフ一筋からグラビアの世界に飛び込んだ野田は「周りから『何で脱いでいるんだよ』と中傷覚悟で挑んだけど自信がついた。日頃からゴルフのためにお尻を鍛えてたのでグラビアにも生かされました」と笑顔を見せる。

 大学ゴルフ部に所属していた両親の影響で3歳からキャリアをスタート。法大卒プロゴルファーの野田早人選手を兄に持ち、野田も10~12年に世界ジュニアの日本代表に3年連続で選ばれ、11年にワールドチャンピオンシップ優勝。17年にティーチングプロの資格を取得し、ツアープロを目指す。

 渋野日向子、小祝さくらら98年度生まれの黄金世代。中2でスランプを経験し、渋野らが活躍する現状から「黄金世代とはずっと一緒に大会に出ていた。勝てていた時もあったので、すごく悔しかった。自分に自信をつけるためにほかのゴルファーがやってないことを思い切ってやってみたかった」とグラビア挑戦の理由を明かす。

 芸能事務所に所属も決まり、タレントとしてスタートラインに立ったばかり。野田は「まずはプロテスト合格。グラビアはゴルフの刺激につながればいい。黄金世代と言われてストレスだった時もあるけど、これから見返したい」と黄金世代より輝くことを誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス