文字サイズ

間寛平がっくり “4万キロマラソン”開催初日は約800キロ…「あかんでこれ」

生配信番組に出演した間寛平(左)と福本愛菜
番組の司会を務めた福本愛菜と総走行距離の分だけ右にわずかに進んだ間寛平のキャラクター
2枚

 タレントの間寛平(71)が27日、オンラインイベント「フジパンPresents淀川寛平マラソン2021オンライン」(3月7日まで)のYouTube生配信番組に、司会を務めたタレントの福本愛菜とともに出演した。

 昨年3月に予定されていた「淀川寛平マラソン」が新型コロナウイルス感染拡大のため中止に。今年はオンラインで開催され、走者はスマホのアプリを使って走行データを記録することにより好きな場所、時間、距離で参加できる。参加者の総走行距離が“ほぼ世界一周”の4万キロメートルに到達することを目指す。この日、開催初日を迎えた寛平は「リモートでできただけでもうれしいこと」と笑顔を見せた。

 しかし、初日の総走行距離が808・6キロ(午後6時の集計)と発表されると寛平は厳しい表情に。「無理やん」「やばない?」「あかんでこれ」「800キロいうたらNGKから鴨川あたりまでやんか」と“世界一周”にはほど遠い、大阪にある吉本興業の劇場・なんばグランド花月から千葉県鴨川市までの距離を想像して肩を落とした。

 オンラインマラソンは残り8日。エントリーは3月5日まで受け付け中で、現時点での参加者数は公表されていない。寛平は「ちょっとでもいいから、無理しない程度にみなさん走ってほしいですね」と画面越しに呼びかけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス