文字サイズ

麻木久仁子 脳梗塞、乳がん手術へて「薬での治療全て終了」 健康志向に

 自慢の薬膳料理を披露する麻木久仁子(撮影・園田高夫)
 薬膳料理を披露する麻木久仁子(撮影・園田高夫)
2枚

 タレントの麻木久仁子(58)が25日、都内で身体を温める食材をふんだんに用いた料理の作り方を学ぶ「温活調理講座」をオンラインで開催した。この日はプレ講座でラム肉の香草パン粉焼きなど、薬膳料理の作り方を披露。4月から本格的に講座を開いていく。

 一般社団法人・日本温活協会主催での開講。昨年、温活士および温活指導士の資格を取得した麻木は「身体を温めることはとても大切。今では男女問わず夏でも冷房で身体が冷える。日本中を温めようと思います」と力を込めた。

 麻木は2010年に脳梗塞を発症。12年には初期の乳がんの手術を受けた。大病を患った経験から「神さまが身体の管理をしなさいと言っているのだと思いました」と薬膳に興味を抱き、健康志向となった経緯を述懐。16年に国際薬膳師、19年には国際中医師の資格を取得するなど、意欲的に活動している。

 健康への努力もあり「今のところはお薬での治療はすべて終了しました」と麻木。現在は独身で、温活と並行しての再婚の可能性について問われると「そっちの方の活動はどうでしょう」と苦笑い。「どっちかと言うと、孫の面倒を見る時に、頑張れるようにしないとなと思います。それですよ、大目標は」と将来へ意気込んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス