文字サイズ

松本人志 五輪の海外分散を提案「誰もやったことのない最初で最後の五輪を」

 ダウンタウン・松本人志が14日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」に出演し、東京五輪・パラリンピックについて、海外に分散しての開催を提案した。

 この日、元サッカー日本代表・内田篤人氏が、女性蔑視発言が世界的な批判を浴びて辞任表明した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の後任に松本を指名した。

 松本は「僕がやるとかはもちろんないんですけど、ホントに思う…僕ずっと真剣に考えてたんですよ。これどうするんだと。色んなことでずーっと何年間ももめてきて、ザラさんでしたっけ、国立競技場のもあったり、ロゴマーク、エンブレムの問題とか。マラソンコースの変更とか。すったもんだあって、コロナというもので延期になって。で、いまだに会長の何かでもめてるっていうことを考えた時に、これで万が一中止ってなったら、これホンマに、われわれは一体なんなんだっていうかね、悔しすぎるな」と、トラブル続きの東京五輪への思いを吐露。

 「延長は現実味がさすがにないのかなって思った時にね、ここは一発やるしかないんじゃないかって思うんですよ、オリンピック。海外で同時中継で、ホントに簡素化していいから、今までになかったオリンピックを、オリンピックエピソード0ぐらいの感じでやったらいいんじゃないかなって。各地で、無観客であっていいと思うんですよ。今まで誰もやったことない最初で最後のオリンピックを日本は成功させられると思うんですよ。(そうなれば)日本は金メダルだと思うんですよ」と、開催地を海外に分散し、無観客で開催するというプランを開陳していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス