文字サイズ

坂上忍が蓮舫氏を猛烈批判「正直失礼」 松嶋も「何かイヤやなって…」

 俳優・坂上忍が28日、フジテレビ系「バイキングMORE」で、前日の国会で菅義偉首相に詰め寄った立憲民主党の蓮舫代表代行を「正直失礼」「自分に都合の悪いときは逃げて、人のはあんな芝居がかった追い込み方するって…」などと、猛烈批判した。

 番組では、27日の国会で蓮舫代表代行が新型コロナ感染で自宅待機中に亡くなった人たちへの思いを菅首相に聞いた際の質疑の応酬を取り上げた。蓮舫代表代行が「そんな答弁だから言葉が伝わらない」などと詰め寄ったところ、菅首相が「失礼じゃないでしょうか。私自身は精一杯取り組んでいる」と気色ばんで反論する場面があった。

 スタジオではタレント・薬丸裕英が「もちろんトーンとしては、蓮舫さんのトーンで国民には伝えていただきたいと思いますよ。でもやっぱり、蓮舫さんもちょっと言い過ぎじゃないかという部分も感じました」と冷静に感想を話した。

 薬丸の発言を受けた坂上は「僕は正直失礼だなと思いました、あの言い方はね。それ以前に、総理は医療体制を整えられなかったことに対して自ら謝罪されてますし、ああいった形での追い打ちのかけ方っていうのは、僕はちょっと理解に苦しんじゃったんだけど」と蓮舫氏をバッサリ切りながら、タレント・松嶋尚美にも思いを問いかけた。

 松嶋が「何ていうか…今の総理に対して今の国民が思ってるいろんな不満を言う係なんやろうけど、何かイヤやなって正直思ったかな」と言いにくそうに話すと、坂上は「ただあの人、そういう係なのは多分、国民の皆さんもよくわかってると思うんですけど、このタイミングで果たしてあの人をまたあの係にした意味がね…」と、以前の騒動にさかのぼった。

 蓮舫氏は18日の首相の施政方針演説前に、演説原稿の一部をツイッターに掲載し、立憲民主党が与党側に謝罪。蓮舫氏はその後、投稿を削除したが、謝罪はしていない。坂上は「自分に都合の悪いときは逃げて、人のはあんな芝居がかった追い込み方するって、あんなの野党もダメだわ!」と、ますますヒートアップしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス