文字サイズ

GACKT帰国 空港検疫に怒り「英語の読めない上司必要か?」

 歌手・GACKTが27日、公式YouTubeチャンネルを更新し、「緊急帰国」したことを報告した。

 GACKTは現在、マルタ島(マルタ共和国)で暮らしている。

 YouTubeには空港に到着した際の動画を投稿。黒いキャップに黒いマスクを着用し、大きめのサングラスをかけたGACKTは顔がほとんど見えない状態で、「本当に疲れましたよ」と第一声。着陸から、空港での検疫を終えるまで「1時間ぐらい」かかったこと、空港検疫所の「責任者」の対応への怒りをにじませた。

 「もしスムースにいってたら、20分は早かったんじゃないですか。でも僕の担当してる係の人(責任者)があまりにも。なんで英語の文章も読めないような人たちが責任者にいるんでしょうね?」といつもの穏やかな口調で疑問を口にした。

 マルタを出る時、SWAB TESTという鼻に綿棒をつっこむPCR検査を受けていたGACKT。証明書として、メール(スマホ)を受け取っており、それを責任者に見せていたが、その責任者は「SWABにはPCRか抗原検査がある。何(どっちの)検査か分からない」といい、10分近くスマホのメール画面を見ていたという。しかし、GACKTによると、メールの一番先頭(最初)にPCR検査、と書いてあったという。

 GACKTは「現場の人達は一生懸命」「(検疫)センターが頑張ってる人たち、職員の方達いっぱいいると思うんですよ。特に女性スタッフ。本当にきびきびと動いて、やっぱり日本ってすごいなって感動したんですよ」「現場の女性スタッフの対応のスピードは早いんです。さすがだな、とおもった」と現場への不満は全くないことを強調した上で、「でもね、そこに英語の読めない上司が必要か?せめて何のことが書いてあるか分かる上司が必要なんじゃないですか。そんな人しかいないのか」と静かに怒った。

 「あんな責任者のもとでやってる(現場の)子たちがかわいそうです」とまで言い、「長い時間検査やられてるから大変だし、疲れてるのも分かります。頑張ってください、日本の顔として」とゲキを飛ばしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス